肥満体型を気にする女性

ゼニカルを使用した時の注意点

ゼニカルはダイエットピルと呼ばれており、話題を集めている薬の一つです。
脂っこい食事を食べた時に脂肪分が体内に吸収される前に、そのまま外で排出してくれる効果があります。
ゼニカルは2017年までに17ヵ国で愛用されており、アメリカ食品医薬品局で認可されている安全性が確証されている薬です。

下痢に悩まされる女性ゼニカルを使った時には、胃腸の膨満感をはじめとして軟便や下痢などの症状が現れやすくなります。
下痢などの症状は使用をはじめてから3か月以内にほとんどの人が経験する副作用です。
注意点として、ゼニカルを使った時にオナラを出すと消化されていない油分が一緒に出てくる時があります。
油断していると稀に下着を汚してしまう可能性もあるので気を付けましょう。
症状は1週間から1か月ほどで軽減していきますが、個人差があるので注意しましょう。

また、ゼニカルを使用すると油に溶けるはずの脂溶性ビタミンが脂質と一緒に排出されてしまうことがあります。
ビタミンが不足すると倦怠感や肌の乾燥などの症状が見られるので、日ごろから積極的に脂溶性ビタミンを摂取する必要があります。
食事で補うのが困難な人は、ビタミンなどのサプリメントと併用して栄養素を補うことも必要になってきます。

ゼニカルは摂取した脂肪分の吸収を約3割も抑えて排出してくれるダイエットの強い味方です。
1回の服用で120mgを食事中か食後の1時間以内に服用します。
その際は、脂肪や炭水化物、タンパク質は分散して摂取しましょう。
また、オーリスタットにアレルギーのある方は服用を避けましょう。

オーリスタットはゼニカルに含まれる成分で、脂肪の吸収を阻害する効果があります。
なので、オーリスタットにアレルギー反応が出てしまった場合は別の手段を検討する必要があります。

  • ストレスを感じる女性

    食事制限をしたダイエットは、好きな食べ物を我慢したり量を減らすことで満足いく食生活ができなかったりします。 我慢するということはストレスを感じやすく、蓄積されていくことによりイライラしやすくなってし...

  • 肥満と遺伝子の関係について考える女性

    太りやすいという自覚がある人は、肥満の遺伝子を受け継いでいる可能性があります。 ヒトの遺伝子は約3万種類あると言われており、その中で肥満に関係があると考えられている遺伝子は約50種類です。 その中...

  • 食事療法を行う女性

    肥満症の中でも、高度肥満に分類されている人がいます。 高度肥満に定義される人は、BMIが35以上の人とされています。 BMIはボディマスインデックスの略で、体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で求...

  • 肌荒れを気にする女性

    ダイエットを成功させたいという強い気持ちから無理な食事制限を行ってしまう人が沢山います。 しかし、無理な食事制限の結果として栄養が不足してしまうことがあります。 栄養が不足すると肌荒れや体調不良な...